モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > 暮らしエンジョイ > 防災グッズ点検の時期です!

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
暮らしエンジョイ

防災グッズ点検の時期です!

2014.9.8 更新

こんにちは、鈴木千秋です。

去る9月1日は防災の日でしたね。我が家でも、年に一度はということで、防災への意識づけをする機会としています。

私の防災意識が、結婚、出産、地震災害などを経て年々高まって来るとともに、我が家の防災グッズも充実度が上がってきている昨今。

ちょうど防災グッズの点検・見直しをしたので、我が家で常備しているものをちょっぴりご紹介&一般的な備蓄リストから一歩つっこんで、一つで何役もこなせるお役立ちグッズを挙げてみたいと思います

こちらが、我が家の一次持ち出し袋です


どどん6歳児との比較画像です。

これを背負って避難します試しに、一次避難所まで背負って歩いてみたことがあります。右手に息子、左手に娘で近距離ということを考えて、量と内容を調整しました。

リュックの中身を一年ぶりに出してみました写真からいくつか紹介しますと…


救急セット、ホイッスル、刺抜き、十徳ツール、ロープ、軍手など。

それから、


非常食、着替え、手回しラジオライト。写真左側はレインコート。雨や粉塵よけに役立ちます。

意外なところで、


ガムテープ、メモ、油性ペン。木や壁などに伝言を残したり、簡単な補修をしたりなどにも使えます他にも、ティッシュや水、タオル、洗面・衛生用品などが入っています。

二次持ち出しとして置いてあるものには、


簡易トイレ、使い捨てカイロ、それから優秀お役立ちアイテム、ゴミ袋ビニール袋を大中小そろえておくと、雨具、防寒具、トイレ、水袋などの代わりになります。

同じくサランラップもお皿に敷く、紐にする、怪我の保護などにも利用出来ます我が家では、いつもちょっと多めに買い置きしてあります。

キッチン戸棚の下のほうには、


アルファ米、缶詰、氷砂糖、湯沸かしキット、ミニコンロなどをしまっています。それと、押入れに5年保存水。

こどものことを思えば、足りないよりは大目のほうが安心かなと、あれこれ調べては足してきました。よく言われる《3日間しのげる備え》よりは、しっかりとそろえておきたいと思っています

とはいえ、災害時はまず安全確保が第一。備蓄の話は、そのあとですよね

地震を感じたら、防災頭巾をかぶる、またはクッションなどで頭を守りながらテーブルの下に隠れます。(写真はプチ避難訓練している…つもり


以前、地震シミュレーターを家族で体験したのですが、座り込んで揺れに耐えることしか出来ませんでした

テーブルまで遠かったらとても移動出来ないなので、家の中の部屋ごとに安全な場所を教えています。

我が家は窓ガラスのほとんどに、飛散防止フィルムを貼っています。寝室には背の高い家具は置かず、運動靴は邪魔でも、必ず玄関に出しっぱなしにしています。(本当は枕元がよいそうですが…。)


そうそう、停電のときに便利だったのがコレ。


コンセントに差しておいて、停電などで電流が流れなくなると自動的にライトが点く優れもの「真っ暗懐中電灯どこどこ」とパニックにならずに済みました。

また備蓄食糧の賞味期限をチェックし、食べて入れ替えるのも一年のうちこのときです。

ことしは、この一つだけを消費することになりました


こどもが喜ぶかな~と、いつどこで買ったやら…の、実際の宇宙食だというフリーズドライのバナナ。お味は…うーん。すっごく乾いたバナナ?パッケージからは、壮大な宇宙を感じました

最後に防災マップを見ながら、こどもたちと待ち合わせ場所などについて確認し合いました。

災害は起きてほしくないけれど、いざというときになって身を守れるのは、自分自身の日ごろの意識と備えが大きいと思います。

家族の笑顔を守れるように、母はこんなところもしっかり頑張らねばと思うのでした

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ