モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > 自分磨き > 眠っていた本を読み返して

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
自分磨き

眠っていた本を読み返して

2020.6.16 更新

こんにちは佐竹莉佳です

おうち時間の使い方にもだいぶ慣れてきて、1日があっという間なこの頃です

先日、本棚を整理していたら、懐かしい本が出てきました。


こちらのエッセイは、何度読んでも面白いです


これは、まだ私が独身で一人暮らしをしていた頃に買って、読んだ本です。この中に、「きょうだいゲンカの話」というのがあるのですが、今は、あの頃の心情とまったく違う気持ちになりながら読みました。

昔は自分のきょうだい喧嘩、今は、息子たちの兄弟喧嘩を重ね合わせて…(笑)不思議なもので、あんなに読んでいたのに、初めて読んだ感覚になりましたとくに、家にいて喧嘩も多いこの時期、この本を読み返して少し安心しました

これは、大学のゼミで卒業論文を書く時に教授にいただいた本です。


日本文化の中で茶の賭博について調べたりして、思い描いていた茶道とはまた別の、昔の人たちの茶の楽しみ方などを学びました教授やゼミ仲間と鎌倉を散策し、お抹茶を飲んだのは、紫陽花が綺麗な今ごろの季節だったなぁ…みんな元気かな

この本は、妹に勧められて読んだ小説です


当時は、最年少芥川賞受賞者として脚光を浴びましたが、私と同い年だったとは…19歳の頃、私は何をしていたっけ…ああ鎌倉を散策していたんだった(笑)女性なら共感出来る、一度は夢見る世界のお話ですちょっとタイムスリップしたくなりました

この本は、高校生たちが親友と夜を徹して80kmの道のりを歩く、非日常的な長編小説


まさに青春少しハラハラもするけれど、高校生活を思い出すような、友情っていいなと思える、あの歳ならではの悩みなども、懐かしくなりながら読みました

じゃじゃーんいつの!?と突っ込みたくなるくらい、色が変わってしまっています(笑)


10年ほど前のハワイの本たち大好きなハワイ、次はいつ行けるかなと、妄想しながら読むのも楽しいものです

旅行した時に、行きたいとチェックしていたページには、折れ目が付いていました


懐かしいこどもたちが小さかったので、買物をスムーズにするためにいろいろ工夫したっけな

梅雨のおうち時間の楽しみを、発見してしまいました南国の本や、写真を見て癒やされること


家のベランダが、だんだんラグジュアリーホテルのベランダのように思えてきました(笑)


本棚の整理には思いの外、時間がかかりましたが(笑)、久しぶりにたくさんの本を読み返すことが出来て、ゆったりとした自分時間になりました

皆さんも、懐かしい本や思い出の本など、読み返してみてはいかがでしょうか

以上、佐竹莉佳でした



過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ