モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > 自分磨き > 新米の季節です!お気に入りのお茶碗を!

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
自分磨き

新米の季節です!お気に入りのお茶碗を!

2014.9.19 更新

こんにちは、田中葵です。

暑さも落ち着つき、例年なら実りの秋…といったところですが、今年は全国的に雨が多くて、収穫の方も気になりますね。

さて先日、阪急の地下で“新米入荷”の旗を目にしました!


宮崎県産、千葉県産の新米が並んでいます。ごはんが大好きな私は、新米の袋を見ただけでも、炊き立てのごはんの香りが漂ってきそうで…生唾が!


みなさんは、もう新米を食べていらっしゃいますか?我が家は、パパの田舎から新米がそろそろ届くと連絡があり、心待ちにしているところです。

でも先日、不覚にもお気に入りのお茶碗を壊してしまいました新米はぜひとも、お気に入りのお茶碗で食べたい!と(一人で盛り上がり)、お気に入りの一枚を探しに、お店回りしてみました

まずは、モザイクモール港北1F「アーバンリサーチ ドアーズ」へ。こちらには、私の好きな益子焼の器が置いてあるので、器探しの時には必ずチェックします

メインコーナーには、我が家も愛用している伊賀焼 長谷園“かまどさん”の土鍋!


火加減不要で、短時間に米粒ふっくら。ほっくりとごはんが炊けるので、もう手放せません!

ほど良い重みと美しい飴釉(あめゆう/うわぐすり)の益子焼。ピカピカの新米がよく映えそう♪


季節の益子焼茶碗。青色でも、明るい水色から深い緑色など、表情はさまざま。


その中でも私の目を引いたのが、こちら↓↓


土のベージュと深い青緑の色合いがステキです!内側上部にも色が入っていて、ごはんを盛るとますます絵になりそう♪

続いて、3Fラ・クッチーナ・フェリーチェ AOYAMAへ。


“ごはんプロジェクト”と名付けられた、よりすぐりのアイテムがズラ~リ

この土鍋は、料理家 松田美智子さんと陶芸家 中川一志郎さんのコラボレーションによる「黒磁鍋(くろじなべ)」。


黒釉(くろゆう/うわぐすり)が美しく、焼き、炒め、オーブンもOKの万能土鍋です

茶色の土鍋は、調理科学と焼き物技術の究極の形“香味飯鍋”。


おひつは、いまどきの食生活に合うように作られた木曽さわら製。

どれも、実用性と美しさが兼ねそえられていて、日々使い込んでいくうちに、自分の暮らしの在り方も変えてくれるような筋金入りのアイテム

白化粧の菊模様のお茶碗。


カフェオレボウルのような丸いフォルムつい、手に取ってしまいたくなります。

最後は、和食器といえば…3F織部。こちらでも、“かまどさん”にお出迎えされます。


奥には、お茶碗コーナーがドーン


おかめ&ひょっとこさんと目があってパチリ


こちらで人気NO1は、ザ・日本の象徴“富士山”


NO2は、長女が3年近く愛用している“かる~い”シリーズの水玉模様。


大人サイズですが、小学生でも持ちやすいですよ!

こちらも、“かる~い”シリーズ!絵柄が上品で美し~い


そして、見てください、このお茶碗!


写真ではよく分からないのですが、内側が凹凸に箸を使い始めのお子様でも、米粒をつまみやすい工夫がされています(もっと早く出会いたかった

それに、この愛くるしい表情ブタさんの内側には、くるりとしたしっぽが描かれ、胸キュンのかわいさですぜひ、お店に実物を見に行っていただきたいな

お茶碗選び、それぞれ味わいがあって、一つに絞りきれませんでも、そんなのんきな事を言っていては、田舎から新米が届いてしまう~それまでには、お気に入りの一枚を見つけたいと思います。

毎日使うものだから、ちょっとこだわって選んで、愛情を込めて使い込む…まずは身近なお茶碗から、そんな丁寧な暮らしを始めたいと思う田中葵でした。

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ