モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > 自分磨き > 今年のマイプレゼントは…

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
自分磨き

今年のマイプレゼントは…

2013.12.3 更新

はじめまして
この度、“ミズモザイク”の新メンバーとなりました田中葵です。

おてんば娘二人、ビール好きな夫(単身赴任中ですが)、そして少々ナチュラル派な私の4人家族のたわいない暮らしや、年々進化していくモザイクモール港北・都筑阪急での楽しみを、私なりにみなさまへお届け出来ればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、街中はすっかりクリスマスムードに包まれていますね~
この時期になるとクリスマス限定「コフレ」に胸ときめきます

一年間頑張った自分へのご褒美探しに、いざ都筑阪急1階「阪急 フルーツギャザリング」へ


ここは自由に商品を手に取って、気軽に試してから選べるのがうれしいところですね

ちょうど、冬のビューティーフェアも開催されていたので、いろいろ見てみようと思います!

ところで、改めて「コフレ」ってと聞かれると…
コスメ&フレグランスの略…?今更ですが、ちょっと確認

「コフレ=coffret」とは、フランス語で【小箱、手箱】といった意味だそうです。
最近は人気アート作家さんとのすてきなコラボも「コフレ」の楽しみ方の一つとか
「コフレ」を持つ楽しみ、使う楽しみ、ますますワクワクしてきました~

まずはラグジュアリー(コスメ商品)コーナーから…

クレンジングオイルで定評のある「シュウウエムラ」。
なんとも愛らしいキャラクターについつい手がのびます


パーティなど華やかな場で大活躍しそうな、カラフルなパレットセット


ビューティーツールブランド「コバコ」からは、“ふわふわのかかとに磨き上げるヒールケアのキット”


“ふわふわのかかと”ですって
なんてすてきな響きでしょ~ 不精な私でも、これなら“ふわふわ”目指して頑張れそう

続きまして、ボディー&スキンケアコーナーより…

乙女心くすぐる「ジルスチュアート」
どれも胸キュンなデザインに惚れ惚れしますクリスマス期間数量限定のラグジュアリーなギフトバッグも逃せません(ギフトバッグは5,250円以上ご購入の方。)


世界中のセレブで人気急上昇のイスラエル発「サボン」


さすがの人気ブランド!
限定コフレは販売2日目の午前中で完売でした朝一で来ればよかったぁ~

そして今回私のイチオシ商品は、こちら

12/25までの期間限定ショップ「ボーテ デュ サエ」
植物由来の天然成分使用と精油にこだわった自然派ボディーケア


人気のローズブーケの香りは優雅で上品。 ローズ特有の鼻につく感じがなくてgood
新製品のジャスミンリーフは、フレッシュで清々しい香りに癒やされます

そしてこちらが、クリスマスコフレ(オードトワレ、ボディーミルク、ボディーパウダー)


オシャレなロゴ入りバッグも気になります~


超レア&期間限定とあれば、もうお試しせずにはいられません

そこでまずは、気軽に試せてお得感タップリの都筑阪急限定キット(3,150円)を購入することに決定


*ハンドクリーム(オーガニックシアバター、はちみつ、ごま油、米ぬか油、アロエベラ配合)
*ボディーバスオイル(油成分80%以上植物由来)
*ボディー&ヘアバーム(ホホバ油を基本とし、全身OK!)
*キーケース(ロゴ入りで可愛いリボンつき!)

ハンドクリームののびがとてもよいですボディーバスオイルは体につけるのはもちろん、お風呂に入れてもいいそうですよ

どれもしっかりと保湿しつつ、ベタつかないのはもちろんのこと、ローズブーケの香りも長く持続するので、寒さでこわばった体もすてきな香りに包まれてリラックス出来そうですこの冬、大活躍することまちがいなし

そうそう、帰り際にこんなクリスマスギフトも発見


フランスの修道院からのナチュラルスキンケア「クヴォン・デ・ミニム」。
あまりの可愛さと手ごろなお値段についつい衝動買い
友人へのプチギフトにも喜ばれそうですよね


*フットバーム(清涼感あるレモンバーベナで、足のむくみもスッキリ!)
*リップクリーム(一番人気の「洋ナシ」は食べちゃいたいほどい~い香り

手提げ袋は、毎年この時期に楽しみな都筑阪急の「リサ&ガス」です

私も40を超えたしこれからは積極的に保湿に頭皮ケアにあちこち手をかけてやらねばならぬようです

マイプレゼントのコフレどれもすてきで、決めるのにもう少し時間がかかりそうですが、 悩む時間もまた楽しい

以上、田中葵でした。

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ