モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > キッズ&ファミリー > シルク・ド・アムール(恋のサーカス団)にみんなドキドキ!!

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
キッズ&ファミリーライフ

シルク・ド・アムール(恋のサーカス団)にみんなドキドキ!!

2014.5.26 更新

こんにちは、尾田史です。

中学生になり、週末は部活動でほとんど家にいない長女。こどもが大きくなると、休日の過ごし方も変わるものと先輩ママに聞いてはいましたが、いつも三姉妹で遊んでいた分、下の妹二人はやっぱり寂しい様子です。

そんなときは気分転換に、おいしいものを食べて買物だということで、先日もモザイクモールに出かけて来ました

5F「ソフトクリーム・パーク」にて、大好きなソフトクリームを堪能したこどもたち。ようやくテンションが上がってきたところで、買物にレッツ・ゴーと4Fに降りてみると、この日もおもしろそうなイベントが開催されていました。

その名も、『シルク・ド・アムール(恋のサーカス団)』。恋とサーカス・・・、ネーミングから気になります

ショーがスタートして、シャンソンのような甘い音楽が流れる中ラブラブなカップルがご登場。


このお二人、アクロバットのパフォーマーユニット「Gちょこマーブル」のGEN(ジェン)さんとちょこさんとおっしゃるそう。見つめあったり、はにかんだりととってもよい雰囲気です。

ササッといすを積み上げて、ヒョイッとGENさんが乗ってバランスを取ります。見惚れるちょこさん


GENさんが一輪のバラをプレゼントしようとしますが、ちょこさんは忘れ物を取りにその場からいなくなってしまいます。

すると、その場にとってもゴージャスな美女メリコさんが登場GENさん、もう横でドキドキです。目がハートに見えます。


ポールを使って演技をするメリコさん、重力を感じさせない動きにビックリしました


ポールの一番上まで、スルスルとあっという間に登ってしまいます。身が軽い


もうすっかりメリコさんにときめいてしまったGENさん、思わず愛の告白をしてしまったところに、ちょこさんが戻ってきました

凍りつく現場(?)・・・ちょこさんの手に持っているものは何


怒りが爆発したちょこさん、ブロワー(送風機)で黄色いBIGバルーンをふくらませてGENさんにアタックです


ブンブンと振り回されるバルーンをギリギリのところで避けるGENさん、そしてポールの上に避難したメリコさん、会場に緊張が走ります(笑)。


なんとGENさんの頭にスッポリとバルーンがはまってしまいました


その後、なんとかバルーンを割って脱出に成功したGENさんでしたが、後ろではすでにちょこさんが次のバルーンをふくらませているではありませんか


GENさん、まさかの観客席に逃亡お客さんの後ろに隠れます。


案の定(?)見つかってしまったGENさん、ちょこさんに引きずりだされたときの表情が悲しげです


すったもんだの騒ぎの後、ご機嫌直してというようにバラを手渡すGENさん。ちょこさんもうれしそう


仲直りした後、ちょこさんがいよいよ空中アクロバットに挑戦。

かわいいワンピースを脱いで、さっそうとあらわれました。


モザイクモールの天井から吊るされた布を、バランスを取りながら登っていきます。


すごいバランス技


この高さで演技をされているちょこさん、すごすぎます


そしてGENさんが見守る中、ちょこさんとメリコさんが一緒にアクロバットに挑戦。きれいに決まりました


ショーの終了後、ご挨拶をされるパフォーマーのみなさん。仲直り出来てよかった


「恋」をテーマに、ダイナミックなアクロバットとコミカルなショーに会場はみんな笑顔に

我が家のこどもたちも、お姉ちゃんが留守の寂しさはどこへやら、大笑いしていい気分転換になったようです。

そうそう、この日はモザイクモール港北・都筑阪急ポイントカードのメルマガ会員限定で、なんと空中ブランコに乗ってパフォーマーのみなさんと記念写真を撮影出来るサービスが告知されていたんです!


各回先着5名様までということで、残念ながら我が家は間に合いませんでしたが、メルマガ会員限定で配信される特別ニュースなどもあるので、見逃さないようにチェックですね

最後になりますが、この記事をもちまして私、尾田史はフダンプレミアを卒業させていただきます

毎日慌ただしくてドタバタしてばかりの私ですが、フダンプレミアを通して、家族で過ごす「ふだん」の生活の大切さを再発見出来た気がします。本当によい経験となりました。

1年間お付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございました

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ