モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > グルメ&クッキング > この冬は…大根一本勝負!!

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
グルメ&クッキング

この冬は…大根一本勝負!!

2015.1.29 更新

こんにちは、田中葵です。

つめたい北風の季節。この時期はついつい鍋料理になりがちな、ごはんメニュー。冷蔵庫には、お鍋に使い切れなかった大根がしおれて…なんて事はないでしょうか?

でも、大根の旬は秋から冬とくに寒さがますごとに甘みもぐ~んとまして、今まさにおいしいさかり♪しかも豊富なビタミンで、免疫力もアップしてくれる優れものなのです

とくに皮や葉の部分に、さまざまな栄養成分が含まれているので、葉付き大根を手に入れたら、葉っぱまでしっかり使い切ってしまいたい~

そこで今回は、大根まるごと一本使って、体にも家計にもやさしい“大根ごはんレシピ”を3つご紹介したいと思います


まずは、お手軽に作れちゃう大根ステーキ

大根適量の皮をむき、2cm幅に切り、火が通りやすいよう両面に包丁目を入れる。


熱したフライパンに油をひき、大根を並べて蓋をし、蒸し煮する。

竹串がスッと通ったら、薄口醤油をフライパンにまわしかけ、大根に焼き色を付けて器に取り出す。(しめじは、フライパンの脇でソテー。)

お好みで、バルサミコ酢とみりんを2:3の割合で半量に煮詰め、大根の上からかける。


つづきまして~、こどももパパも大喜びの大根カツ

ニンニク生姜醤油を作る。すりおろしたニンニクと生姜(各1~2片)を醤油(1cup)と合わせておく。

大根12cmを皮付きのまま1.5cmの半月切りにし、鍋に水(1/3cup)と塩(少々)を入れ、竹串が通るまで蒸し煮する。


粗熱をとって水気を切り、ポリ袋に(1)と(2)を入れて、下味を付ける。


3の大根に小麦粉→溶き卵→パン粉を付けて、180℃の油で揚げる。


下味が付いているので、ソースがなくても、こどもたちもパクパクです

最後は、栄養価タップリの葉っぱも使ってピリ辛大根チャーハン

大根適量を6~7mmの角切りにする。


フライパンにゴマ油を熱し、みじん切りにした葉を炒め、塩で味付けして取り出しておく。

豚ひき肉と(1)をフライパンで炒め、大根が透き通ったら、ニンニク生姜醤油(「大根カツ」参照)とゆずコショウ(豆板醤でもOK)適量で味付けし、あたたかいごはんを加えて全体をよく炒める。

仕上げに塩コショウし、器に盛り、(2)の大根葉とすりごまをかける。


おまけレシピ大根メープルシロップ漬け

大根には、喉の炎症を抑えてくれる効能もあるそうです!(“大根のど飴”ならご存じかと!)

薄いいちょう切りの大根を、蜂蜜やメープルシロップに一日以上漬けておく。


大根がシワシワになったらOK♪

この大根エキス入りシロップをスプーンで1~2杯飲んだり、ハニーレモンにしたり、私はシワシワ大根をそのままポリポリ食べたりも…

こんな風に、大根は煮てよし揚げてよし漬けてよし淡泊なので、アレンジ次第で色々な一品に大変身!大根一本なんて、あっという間に使い切ってしまいます

この冬は大根をまるごと一本買い込んで、この寒さを元気に乗り切りましょう~

以上、田中葵でした。

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ