モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > グルメ&クッキング > 我が家の「めんつゆ」活用レシピ

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
グルメ&クッキング

我が家の「めんつゆ」活用レシピ

2013.9.30 更新

こんにちは、岡本雅美です。

夏休み中の昼食は、そうめんやざるそばなどツルツルッと食べられる冷たい麺類が多く登場しました。この時期、「めんつゆ」は大活躍

我が家では、夏だけでなく年中「めんつゆ」を活用しています。
冷奴にかけたり、茹でたほうれん草や小松菜をあえたり、野菜炒めの味付けに使ったり、ゆで卵や半熟卵をひたして『味玉』を作ったり。手軽に味付けが出来るので、かなり重宝しています。

今回は我が家の「めんつゆ」を活用したメニューをいくつかご紹介したいと思います。
(めんつゆは市販の3倍濃縮タイプのものを使用しました)。


娘が大好物『れんこんのきんぴら』。


皮をむいて薄切りにして酢水にさらしたれんこんをフライパンで炒めます。
油はちょっと多めにするとGood


かりかりになるまで炒め、


最後にめんつゆとバターで味付けして完成☆
(バターに塩味があるので、めんつゆはちょっとだけで十分です。)


「きんぴら」というより、「れんこんチップ」のような食感かもしれません。
ベーコンを一緒に炒めて作っても美味しいですよ。

個人的に めんつゆ+バター の組み合わせは、かなり気に入っています。
鶏肉をソテーして、めんつゆ+バターで仕上げるのも大好きです。


次はお弁当によく登場する『こんにゃくの煎り煮』。


手綱形にしたこんにゃく。


鍋にこんにゃくを入れ、中火で乾煎りします。
(バチバチと音が鳴りますが、驚かないで。)


表面の色がうっすら変わったら、


めんつゆを入れて中火にかけます。


一煮立ちしたら火を止め、味がなじむまで放置します。
(我が家では夜に作り、冷めたところで冷蔵庫に入れ、朝に再度火を通してお弁当に入れています。)

四角に切って、おかかをかけても良いですね



最後に、給料日前のお助けメニュー『豚肉ともやしのシリコンスチーマー蒸し』


シリコンスチーマーにもやしを敷き詰め、


その上に薄切りの豚肉を重ねます。


ふたを閉め、レンジで3分程チン(我が家のレンジは500Wです。)
機種によってかかる時間が異なると思いますが、豚肉の色が変わっていればOKです。


上にとろけるチーズをのせ、


シリコンスチーマーのふたを閉め、余熱でチーズを溶かします。
(もし溶けなかったら、レンジで数十秒温めてくださいね。)


お皿に取り分けて、めんつゆとにんにくこしょう(なければこしょう)をかけて完成です☆野菜が苦手な娘も、これならもやしをたっぷりと食べてくれます


夏に「めんつゆ」を使い切れず困っている方も、そうでない方も、ぜひ試してみてくださいね。

以上、岡本雅美でした。

過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ