モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > キッズ&ファミリー > 月1回のお菓子BOX!やってみました。

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
キッズ&ファミリーライフ

月1回のお菓子BOX!やってみました。

2020.3.24 更新

こんにちは、友井真樹です

モザイクモール港北20周年!記念パネルを見て来ました


懐かしい歴史パネルを見ながら時が蘇り、20数年前、仕事でよく通ったなっモザイクモール港北・都筑阪急がオープンした時はうれしくて!何度も足を運んだよね長男が幼稚園に入園してからは、ママ友としょっちゅうランチでお世話になってなどなど…。モザイクモール港北・都筑阪急の歴史と、自分の歴史を重ね拝見しました

今も変わらず、ワクワクを発信し続けてくれる地域密着型商業施設!モザイクモール港北・都筑阪急のこれからも楽しみにしています

さて、都筑阪急地下1階の阪急グルメマーケットで購入したのは、ヨックモックのクッキーアソート。


私が幼い頃、祖父母から送られて来た宅急便には必ず入っていて最近、妹と会った際も、段ボールいっぱいに詰まったお菓子の話題で盛り上がりました

我が家のこどもたちは、両家共に近いため、祖父母と一緒に買物ご飯旅行はあっても、宅急便が届くことはなく、段ボールを開けるワクワクは未経験

あの段ボールいっぱいに入っているお菓子のワクワクを、息子たちにも味わってもらいたいなぁ~と、先月から月1回のお菓子BOXを始めました

不要になった段ボールを用意


買いだめしたお菓子たちを、段ボールいっぱいに詰めます


上のお菓子を取り出しても、まだまだ入っている感が私もうれしかったので、底にもお菓子を敷き詰めて…


最後に、祖母の真似をして、必ず入っていた阪急の紙袋で目隠し


空いたスペースには、ポケットティッシュが必ず詰めてあったので、そこも真似してみました

作業は、こどもたちが寝静まった夜。


詰めている私のニマニマも、止まりません

翌朝


何だこりゃ!と、段ボールのお菓子に大興奮


よっしゃー!大成功やん

長男は、段ボールの底のお菓子にも気が付いた!


次男、すぐさまヨックモックの缶を開けはじめます。


朝食前に、味見、味見、って、コラコラ


でも、よかったよかった段ボールを開けるワクワク感を、味わってもらえたようです

月1回のお菓子BOXは、まとめ買いすることで、ちょこちょこ買いがなくなり、節約にもなり、いい感じ。


お菓子をしまう場所も、もちろん確保!この引き出しからなくなったら、お菓子は次のお菓子BOXが届くまで、おにぎりなどで我慢してもらいます

自分たちで管理し、お菓子ばかり食べることも減ったような…。まだまだ始めたばかりですが、中学生男子も楽しんでいるので、来月は、パパチョイスのお菓子BOXでも面白いかもいろいろバージョンを作って、月1回を楽しんでみたいと思います

以上、友井真樹でした


過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ