モザイクモール港北 都筑阪急 > フダン プレミア > グルメ&クッキング > 我が家のお雑煮♪

ライフスタイルニュース フダン プレミア ウェブ読者モデル「ミズ・モザイク」がモザイクモール港北を徹底取材!

  • 暮らしエンジョイ
  • 自分磨き
  • グルメ&クッキング
  • キッズ&ファミリーライフ
  • パパの楽しみ
フダン プレミア記者プロフィールはこちらから
グルメ&クッキング

我が家のお雑煮♪

2019.1.16 更新

こんにちは、上島凜です

今年もどうぞよろしくお願いいたします

冬休みもすっかり終わりましたが、皆様、冬休みはいかがお過ごしでしたか我が家は、毎年恒例となっているお正月のスキーに行って来ましたよ

今年は新潟県に行ったのですが、お正月だったので、朝食にお雑煮などのお料理が用意されていました

新潟は、こんな感じの、焼餅が入ったお雑煮でした


ところで、お雑煮って、地域によっても、また家庭によっても、全然違いますよね

私は福岡出身なのですが、毎年スーパーで、つきたての丸餅を買って来て、お雑煮にしていました。なので、結婚してこちらに来たばかりのときは、丸餅はどこ、つきたての餅はどこ、とスーパーを3軒くらいまわったのですが、どこにもなく、お餅がない、と途方に暮れた思い出があります

こちらは、そもそも四角いお餅だったんですね鶏肉を入れることにも驚きました

そんなわけで、今年はお雑煮を家族みんなの出身地別に作ってみましたよ

私は福岡(といっても北九州市出身なので、博多とはまた全然違うみたいですが。)のお雑煮、夫は広島のお雑煮、娘は関東のお雑煮を食べることにしました

まずは、だしから作りますだしだけは、みんな福岡風にしちゃいます

だしの材料(4人分)
・スルメ 10グラム
・和風だしの素 小さじ1
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1
・塩 少々

だしの作り方

スルメを細くさいて、このようにハサミで切ります!


水にスルメを入れて、火にかけます。


しばらく煮たら、和風だしの素、酒、醤油、塩も加え、弱火で沸騰するまで煮て、もう出来上がり


続いては、それぞれの具材の用意です具材は、ゆでるだけでオッケーです

ただ、パパの広島のお雑煮用のアナゴだけは、このようにグリルで焼きました


種類が多く、こんなにたくさんそろいましたよ


最後に、お餅もゆでます


ちなみに、お餅は、私の好みで丸餅にしました

こちらは、都筑阪急地下1階の阪急グルメマーケットで購入


ではまず、福岡のお雑煮から仕上げまーす

お餅をお椀に入れます


そして、具材海老・かまぼこ・大根・人参・水菜・スルメ)とだしを入れて、完成 


スルメはだしとして使いましたが、お雑煮の具にもなるんですよ福岡では、スルメは、お雑煮用に必ず買う重要な食材です

このような大きなスルメです


同じく地下1階のそうてつローゼンで、発見しました

続いては、パパの広島のお雑煮です

具材は、かまぼこ・大根・人参・水菜・アナゴです


アナゴがおいしそうですね~

最後は、娘の関東のお雑煮

具材は、かまぼこ・大根・人参・ほうれん草・鶏肉です


こちらもおいしそう

こうやって、それぞれの出身地のお雑煮を並べてみると、それぞれに特色があって、面白いですね


みんなで、さっそく食べてみましたよ

娘は、鶏肉がすごくおいしかったようです


パパは、こどもの頃から慣れ親しんでいるアナゴのお雑煮に大満足でしたが、スルメも初めて食べてみたら、意外とおいしいと言っていました


大人は、阪急グルメマーケットで買ってきた、日本酒も飲みました


こちら広島のお酒です和食に日本酒、本当によく合います

京都はだしが白味噌だったり、焼餅を入れる地域もあったり、具材も様々だったりと、日本全国のお雑煮について調べてみるのも、面白いですよ

以上、上島凜でした



過去の記事
more
このカテゴリの記事一覧へ
全記事一覧へ